おいしいビール

フィギュアとカメラと旅行が好きな腐女子が写真をまとめるブログ

マイルドヤンキー

久しぶりに中学の友人たちと会った。地元に住んでるのにあんまり会わない。会いたいと思う人もあんまりいない。唯一親しく(と言っても年1会うか会わないかだけど)してる友人たちも近況報告なんてほぼしなくて、会ってビックリ……ってかんじで。まあみんな相変わらずで、とても楽しかった。

ところでだけど、鈴木は地元があんまり好きじゃない。べつに田舎だからとかじゃなくてイヤなことをたくさん思い出すから。


f:id:ccaramel:20160810082536j:image

つくしー町です。それはほんと。


f:id:ccaramel:20160810113920j:image
f:id:ccaramel:20160810113944j:image
f:id:ccaramel:20160810114005j:image
f:id:ccaramel:20160810114102j:image
f:id:ccaramel:20160810114028j:image
f:id:ccaramel:20160810114142j:image

マイルドヤンキーって言葉が、あるでしょう。しょーもないやつらはしょーもないコミュニティで生活している。半径5kmで遊んで結婚して絆を育んで暮らす町。よどんだぬるい空気。鈴木の住む町。大嫌いだ。

なんて、そんなこと言いつつべつにそれは、いい。そーいうのが好きな子たちがいるのもわかる。絆ごっこが楽しいのも、わかる。まあ鈴木は死んでもごめんだけど、言いたいのはそんなことではなくて。

友人がこう言われたと言っていた。

 

 

〇〇(友人)が最近付き合い悪いのは□□(地元)なんかダサいって思ってるからなの?

 


f:id:ccaramel:20160810210916j:image

 

 

あまりのストレートなダサさに笑いが止まらなくなって、優越感も堪えられなくなって、心底愉快だった!

鈴木は、学校とゆー組織でわりかし虐げられて生きてきたから、学校で強かった人間が(鈴木の価値観で)しょーもないふうになってゆくの、愉快だな~!楽しいな~!!!

 

鈴木がマイルドヤンキーが苦手なのは、やつらがこちらを理解してくれないからだ。

勉強はできない方がカッコイイとか、いつまでも中学と同じコミュニティでズッ友してるのがいいとか、仕事がんばるのはダサいとか、ぜんぶ意味わからんし気持ち悪いと思うけど、彼らがそう考えていることを鈴木は理解している。そーいう尺度で行動していることを踏まえて彼らを見る。

でもやつらはそうじゃない。自分たちの価値観で世界は回っていると思っていて、自分たち以外の人間も本当は自分たちみたいになりたいが無理だからそうしないのだ、と思っている。

 

…………と、思っていた。

でも、どうやら、ちがうみたい。見くびりすぎだった。

すごく勇気が出た。これから私はやつらを小馬鹿にすることができるかもしれないと思ったら、たいへん愉快な気分。生きててよかった。

 

田舎の電車から見る

夏の緑はたいそう美しい。カメラ映えする。

夏の日差しを浴びたように鮮やかに見える、って表現があると思うんだけど、じゃあ夏の日差しはなんて表現したらいーんだろう。

恋した人を仰ぎ見た鮮やかさ、とか、ステキかなあ。

 

古い写真をまとめるのは恥ずかしーので、新しいのからまとめたいなあなど。


f:id:ccaramel:20160808121049j:image
f:id:ccaramel:20160808121104j:image
f:id:ccaramel:20160808121115j:image
f:id:ccaramel:20160808121131j:image

こないだ神戸に行ったのだ。たいそうオシャレな街であった。


f:id:ccaramel:20160808231211j:image
f:id:ccaramel:20160808231218j:image
f:id:ccaramel:20160808231300j:image

グラフィグは置くだけで絵になるし安定感あってセットも楽チンなので、旅行のときは必ず連れてってる。

 

このときの鈴木の目的は、実は某廃墟であった。学生だったころ何回か行ったことがあった。キレーだった。当時はカメラも持ってなくて、写真もろくに残っていなくて、それがすっごいくやしくて!

だからほんとにもっかい行きたい、と思っていて、転職して多少スケジュールに融通がきくようになったから、かねてからの野望を叶えんとひとりで赴いたの、だけど、なんだけど、なんだけどね!

1歩も入れなかったの!!!

入口で延々悩んで、そんで、やめて、帰ってきた。
f:id:ccaramel:20160808232851j:image

しょーじき、違法なことは知ってたけど、いざこの表示見たら震え上がった。ここに入って、誰かに見つかったら私は社会的に死ぬのだ、って思ったらすごく怖くなった。

学生のころはこんなこと、思わなかった。撮りたい写真撮ることの方が大事だって思ってたし、むしろ多少の悪いことをしてでもやりたいことやる方がロックでカッコイイ……とすら思ってた。

なんて危うい橋を渡っていたんだろう!

背筋が凍る。よかったなあ。社会的に死ななくて。生きててよかった。

当時ネットで知り合った人たちとつるんでいたけど、よく考えたらその人達、とんでもなく非常識だった。今だから思うけど。コスプレ撮影のために警察に捕まりそうになったり警察に捕まったりしていた。当時はアーティストっぽくてカッコイイ!と思っていた。バカだった。

本当にあそこで足を踏み外さなくて良かったなあ……と思う。趣味に凝るのはいいことだって今でも思っているし、私は趣味がすごく大事だけど、でもそれは人に迷惑かけない範囲でのことに限定されるし、さらに自分の人生に害を及ぼさない範囲に限定される。と、今では思っている。(この、自分の人生への害、とゆー項目はわりと振れ幅が広いのだろうから、警察に捕まるくらいなんてことはないという価値観の人は好きにしたらいいとも思っている)

ゴッホとか、ダリとか、奇行で知られる天才のエピソードを見るとカッコイイなあって思うしこういうのが芸術なんだろうなあって思うけど、鈴木はゴッホじゃなければダリでもない。ふつうの現代で生きるふつうのサラリーマンだし、趣味で表現追求を諦めたって死なないが、職を失ったら死ぬのだ。

ふつうに働いてればたまにはレンズだって買えるけど、職がなくなったらカメラも売らなきゃならないかもしれない。

 

と、同時に、こういった考え方は、学生だった私が死んでも陥りたくなかった考え方だなあ、などと思う。自分の好きなもの大切なものよりも社会的な体面を重んじるだなんてなんだか俗物的でカッコ悪いと思っていた。実際私の好きなアニメの世界ではそーいうのはカッコ悪い悪役の考え方だった。

主人公はいつでも自分を曲げないし、悪役の提示する、最高の地位をやろうだとか、この世界で生きられなくしてやるだとかいう類いの言葉にはぜったいに流されなかった。

私は主人公にはなれない。

それでもいい、と思い始めたことが、大人になった証なのかもしれない。

イエス・マイドクター!

1個書いてみて、けっこーはてないいじゃん!と思ったんだけど、なんか画像容量に制限があるの……?写真置き場にするのには不利なのかな。まあとりあえず、いっか。

 

マジカルミライってイベントがある。

年イチのミクさんライブ!現在の鈴木はこれを楽しみに生きてると言っても過言ではないんだけど、どうやら今年のこのライブで!敬愛するファンクビート大先生に!お会いできるみたいなの!!!

 

ドクター=ファンクビート/nyanyannya feat.KAITO (3:30) 

http://nico.ms/sm26470008?cp_webto=share_tw-spweb

 

すっっっごく楽しみでもう毎日コールの練習してるんだけど、それだけじゃ飽き足らず、写真を撮った! 


f:id:ccaramel:20160803113230j:image

本家の先生はけっこう個性的なお召し物なんだけど、再現する技術が鈴木にはないので、イメージね!イメージ!


f:id:ccaramel:20160803113855j:image


f:id:ccaramel:20160803113914j:image


f:id:ccaramel:20160803113925j:image

たいへん貧困なマッドサイエンティストのイメージだ……(^o^)

そして!患者!!!


f:id:ccaramel:20160803114230j:image
f:id:ccaramel:20160803114251j:image
f:id:ccaramel:20160803114317j:image
f:id:ccaramel:20160803114332j:image
f:id:ccaramel:20160803114344j:image
f:id:ccaramel:20160803114354j:image
f:id:ccaramel:20160803114400j:image
患者のが多いやんけ!

 

………………

 

大天才の写真が撮りづらかったとかじゃなくて、ただ鈴木はこのメス顔とラリってる感のある受けが好きなだけなので、仕方のないことなんだ。。。


f:id:ccaramel:20160803114648j:image
f:id:ccaramel:20160803114722j:image

以前にも似たようなのを撮っていて、もはやなんの違和感もないけどたいへんナチュラルに女装していて、たいへん性癖が伺い知れるところであります。

とにもかくにも、マジカルミライがたいへん楽しみで、はやく兄さんのお歌を聴きたいなあ!という話でありました!

 

かけつけ一杯

noteがあまりに使いにくくてブログジプシーしている。

私にはブロガーだったことがあって、高校3年生だったころなんだけど、そりゃーもうジャンキーだった。

エムブロってゆーね、上品な言い方すると若年層の多い、まあなんてゆーかリアちゃんの巣で、ガラケーで毎日シコシコ日記を書いていた。主な読者は女子高生、主な書き手も女子高生。お互いにお互いの日記を読んでは共感して自分たちのスルドイカンセイにべろんべろんに酔っぱらっていた。

当時のブログ、なんとまだ現存している。

f:id:ccaramel:20160802000626j:image

色づかい、デザイン、タイトルのセンス、どれを取っても小っ恥ずかしいからすごい。無遅刻無欠席の健康優良児がメンヘラ気取って書いた日記が未だにネット上を漂っているんだから、ほんとインターネットって、すごい。あ、言わずもがな、林檎文法を用ゐて居た。

自分の考えたことを誰かに読まれることは、たしかにアホ高校生の自己顕示欲を刺激して、それはもうクラクラするくらい気持ちよかった。ジャンキーだった。

 

なんだけどそのうちTwitterが流行り出して、もっとお手軽に自己顕示欲を満たせるようになって、そこから何度かブログ作ったけどいっこも長続きしてない。

ここは長続きするといいなあ。


f:id:ccaramel:20160802175225j:image

 


f:id:ccaramel:20160802175242j:image

 

今日撮ったレンくん。開脚の方がえろい……と思ったんだけど改めて見るとだらしないおっさんに見えてきて、かなしい。